ミネラル葉酸グリーンスムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

ミネラル葉酸グリーンスムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

ミネラル葉酸グリーンスムージー

 

 

ミネラル葉酸グリーンスムージーはNatural Healthy Standard.(ナショナルヘルシースタンダード)が販売している葉酸入りのグリーンスムージーです。

 

 

ミネラル葉酸グリーンスムージーは「妊娠中でも飲めるスムージー」として販売されていますが、お腹の赤ちゃんを大切に思うママさんほど

 

 

「本当に飲んでも大丈夫かな?」

 

「添加物に危険なものはない?胎児への悪い影響はない?」

 

「葉酸サプリも飲んでるけど過剰摂取にならない?」

 

 

このような心配をしているんじゃないですか?

 

 

そこで、ミネラル葉酸グリーンスムージーの安全性について調べました。

 

結論からいうと、ミネラル葉酸グリーンスムージーは妊婦さんも安心して飲むことができるスムージーですよ。

 

 

では、その根拠について解説していきます。

 

 

ミネラル葉酸グリーンスムージーの成分を分析!

 

こちらがミネラル葉酸グリーンスムージーに含まれる全成分です。含まれている添加物や栄養素の安全性を確認していきましょう。

 

ミネラル葉酸グリーンスムージー

 

 

貝殻焼成カルシウム

貝殻を高温で焼いて作ったカルシウムです。豆腐やこんにゃくを作るときにも使われる安全性の高い食品添加物です。厚生労働省の既存添加物名簿収載品目リスト187番に登録されています。

 

グルコマンナン

グルコマンナンは、溶性の食物繊維の一種で、こんにゃくに多く含まれています。水に触れると膨張する性質があり、すぐに満腹感を得ることができるため、ダイエット食品として使用されることが多い食物繊維です。また、グルコマンナンは便を軟らかくする働きがあるため、便秘の解消にも一役買ってくれます。

 

増粘剤

ゼリーやジャムに良く使用される食品添加物で食品にとろみを持たせる働きがあります。

 

デキストリン

片栗粉などのデンプンを加工した素材です。デンプンは水に溶けにくい性質を持っていますがデキストリンはデンプンを細かくしたものなので、水に溶けやすい素材です。加工食品に多く使用されるもので、危険性はありません。

 

ナイアシン

水溶性のビタミンB群の一種です。レバーや魚、肉に多く含まれ、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない栄養素です。

 

パントテン酸

こちらもナイアシン同様、水溶性のビタミンB群の一種です。

 

キサンタンガム

食品に粘りを出すために使用されることが多い添加物です。あんかけやドレッシングにも含まれています。妊娠中でも安心して摂取することができます。

 

難消化性デキストリン

デキストリンよりも溶けにくいデンプンです。通常のデキストリンと同じく危険性もありません。FDA(アメリカの食品医薬品局)でも1日の上限摂取量が定められていないほど安全性は高いです。

 

アスパルテーム

人工甘味料の「アスパルテーム」ネット上では不用意に危険を煽る投稿が多くありますが、全くのデタラメです。これについては「Natural Healthy Standard.」でも問い合わせが多いらしく、特設ページでアスパルテームの安全性について解説されています。

 

 

Natural Healthy Standard.の商品に使用されている成分『アスパルテーム』について、お客様から安全性についてのご質問いただくことが多いため、 過去に実施された試験と審査結果に基づき、下記に内容をまとめました。是非ご参考ください。

 

アスパルテームの安全性については、広範で詳細な安全性の試験の結果を評価され、科学的な見地から厳密な審査を行った結果、安全であることが確認されています。
公的機関においても1980年(昭和55年)国連の国際連合食糧農業機関(FAO)/世界保健機構(WHO)合同食品添加物専門委員会(JECFA)での許可を始め、1981年(昭和56年)米国FDA(食品医薬品局)が許可、日本では1983年(昭和58年)に食品衛生調査会の審査を経て、厚生大臣より食品添加物として指定されました。以降、世界各国で使用が認められ、現在では欧米を始め、世界120ケ国以上で使用され、さらにその数は拡大しています。 また、2013年12月10日にEFSA(欧州食品安全機関)が公表したアスパルテームの安全性再評価結果では、最新の安全性試験の論文も含めて再評価され、これまでの審査と同様に、食品添加物としての安全性が確認されています。

 

このようにアスパルテームは長い歳月を費やし、膨大な試験データをもとに、きわめて科学的にその十分な安全性が評価された甘味料ですので、摂取しても身体に害はありません。

 

■アスパルテーム一日摂取量と許容一日摂取量(JECFA評価)
・一日摂取量(1日1人あたり)0.019mg(※)
・1人当たりの一日摂取許容量(1日1人あたり)2344mg(例:葉酸スムージー1杯あたり54mg)

 

※1.加工食品(チョコレートなど甘味のある食品)中の一人当たりの一日総摂取量の平均は 0.019mg
※2.JECFAでは、ADI(一日摂取許容量)は40mg/体重kgと定められています。

 

 

厚生労働省でもアスパルテームについての解説がされています。

 

 

このように、ミネラル葉酸グリーンスムージーに含まれている添加物等は妊娠中でも安心して飲んでもらえるものしか含まれていませんでした。

 

※参考文献
国立健康・栄養研究所
厚生労働省既存添加物名簿収載品目リスト
厚生労働省「よくある質問」

ミネラル葉酸グリーンスムージーと葉酸サプリの飲み合わせは?

赤ちゃんの正常な発育のために妊娠中も葉酸サプリを飲んでいるひとは多いですよ。そんな人が気になるのは、葉酸サプリとミネラル葉酸グリーンスムージーとの飲み合わせは大丈夫なのか?葉酸の過剰摂取にならないか?ということでしょう。

 

葉酸の1日の許容摂取量は1000μgなので、仮に葉酸サプリに含まれている葉酸配合量が400μgなら、ミネラル葉酸グリーンスムージーの葉酸配合量200μgと合わせても過剰摂取の心配はありません。

 

 

 

ミネラル葉酸グリーンスムージー